「MA―KUN」グッズ出た 日本人選手異例の愛称で販売

[ 2014年5月2日 05:30 ]

新たに発売された「MA-KUN」のニックネーム入りリストバンド

 正真正銘の「マー君グッズ」だ。ヤンキースは30日(日本時間1日)、田中の5試合で3勝0敗、防御率2・27という好スタートを受け、右腕の新たなグッズの販売を開始。愛称の「MA―KUN」が印字されたシリコーン製のリストバンドが、ヤンキースタジアム内の売店に初登場した。

 愛称で販売する日本人選手のグッズは異例で、売店の担当者は「Tシャツをはじめ、タナカのグッズはよく売れている。これもたくさん売れるといいね」と期待を寄せた。「MA―KUN」と「田中将大」の両バージョンが2本セットで10ドル(約1020円)。キャンプ中から主将のジーターが「マークン!」と声を掛けるなど、チーム内でも愛称が浸透しつつあり、ファンにも「MA―KUN」の定着を狙う。

 この日のマリナーズ戦は雨天中止となったが、田中の登板予定は変わらずに3日(同4日午前2時5分開始)のレイズ戦に備えてブルペンで投球練習を行った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年5月2日のニュース