レンジャーズ アスレチックスとの首位攻防で本拠3連敗

[ 2014年5月2日 05:30 ]

投内連係プレーの確認をするレンジャーズのダルビッシュ

ア・リーグ レンジャーズ1―12アスレチックス

(4月30日 アーリントン)
 レンジャーズは本拠地でのアスレチックスとの首位攻防戦で、屈辱の同一カード3連敗を喫した。

 先発ロスが乱調で10失点し、ダルビッシュ、ペレスに続いて5回持たずにKO。前回対戦(4月21~23日)では敵地で3連勝したがお返しされ、ゲーム差は3に広がった。今季ワーストの4失策を犯し、ロン・ワシントン監督は「こっぴどく打ちのめされた。勝てるようなプレー内容ではなかった」とうなだれた。ダルビッシュは試合前の守備練習に参加し、キャッチボールなどで調整した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年5月2日のニュース