岸 ノーヒットノーラン達成!史上78人目 西武では渡辺久以来18年ぶり

[ 2014年5月2日 21:00 ]

<ロ・西>西武先発の岸
Photo By スポニチ

パ・リーグ 西武2―0ロッテ

(5月2日 QVC)
 西武の岸孝之投手(29)が2日、QVCマリンスタジアムで行われたロッテ戦に先発し、プロ野球史上78人目、89度目のノーヒットノーランを達成した。

 無安打無得点試合は13年6月28日に山井大介(中日)が達成して以来。パ・リーグでは2012年10月8日の西勇輝(オリックス)以来で27人目(28度目)。西武では96年6月11日に渡辺久信(現シニアディレクター)がオリックス戦で達成して以来18年ぶりの快挙だ。

 岸は、初回、井口に四球を与えた以外は走者を出さず。9回117球を投げ無安打1四球8奪三振で今季3勝目。

 打線は西武2回 2四球と炭谷の安打などで2死満塁とし、渡辺が右前2点適時打で先制し、岸を援護。先負の連敗は2で止まった。

 ロッテは4番にこの日昇格したばかりの今江を置くなど、打線を組み替えたが効果なく2連敗。先発の成瀬は7回2失点で2敗目を喫した。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2014年5月2日のニュース