西武 12球団最速20敗目 6失点レイノルズ2軍降格

[ 2014年5月2日 05:30 ]

<西・日>4回1死満塁、小谷野に勝ち越しの中前適時打を打たれ降板するレイノルズ(右)

パ・リーグ 西武5―9日本ハム

(5月1日 西武D)
 西武が12球団最速で20敗目を喫した。西鉄時代の71年に9カード連続で負け越して以来43年ぶりに8カード連続で負け越し。

 借金は11に膨らみ、伊原監督は「(勝ち越し)できないね。何とかしてよ。明日から5月だから頑張ろう。きょうはまだ4月31日だから」と冗談を飛ばすしかなかった。先発のレイノルズは3回1/3を5安打6失点で開幕5連敗。指揮官は「今の彼の力では日本のプロ野球では無理ですよ。現状では使えない」と2軍降格を決めた。

 ▼西武・中村(初回に2試合連発の2号2ランも空砲)ちょっと詰まっていましたけど。手応えはいりません。(欲しいのは勝利という)結果だけです。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年5月2日のニュース