ダル 筋トレ禁止で発想転換 キャンプイン前に34球「制球良かった」

[ 2014年2月18日 07:54 ]

キャンプイン前日のブルペン入りを前に、リラックスした表情を見せるレンジャーズのダルビッシュ

 レンジャーズのダルビッシュが3年目のキャンプイン前日となる16日(日本時間17日)の集合日にブルペン入りし、カットボール以外の変化球を試しながら34球を投げた。

 「制球がすごく良かった」と本人も納得の表情。ブルペン入りは、日本などでの練習を含めて今回が9度目。ロン・ワシントン監督は、開幕戦となる3月31日(日本時間4月1日)フィリーズ戦で先発投手を任せる右腕に「速球は狙った場所にいったし、素晴らしいブルペンだった」と評価した。

 昨季終盤、神経障害に悩まされた腰部には「1月中旬ぐらいまで違和感があった」という。球団には重い負荷の筋力トレーニングを禁止された。「ずっとそれでやってきたので戸惑いがあった」そうだが、発想を転換してハワイなどで走り込みを増やした。さらに普段の姿勢を意識して正したことで腰への負担が減り、いい状態でキャンプを迎えることができた。

 マイナーでリハビリなどを担当していたスタッフが、ダルビッシュの強い希望でメジャーに昇格。サポート態勢も整った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年2月18日のニュース