ソフトB今宮 絶妙プッシュ バント名人が新技披露

[ 2014年2月18日 05:30 ]

紅白戦の2回1死、秋山監督(右)ら首脳陣の前で二塁へプッシュバントを決める今宮

ソフトバンク紅白戦 白組6―2紅組

(2月17日 アイビー)
 昨季62犠打でパ・リーグ新記録を樹立したソフトバンク・今宮が、職人ぶりに磨きをかけた。

 紅白戦の2回1死無走者からプッシュバント。投手と一塁手の間に転がし、楽々セーフとなった。バント技術の高さを見せつけた今宮は「昨年はセーフティーの構えだけだったけど、可能性を広げたい」と意欲的だ。3月28日の開幕戦(ヤフオクドーム)で対戦するロッテの高木晃次スコアラーは「小技もできるようになれば、やっかい」と警戒心を強めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年2月18日のニュース