ロッテドラ2吉田 伊東監督が連日熱血指導

[ 2014年2月18日 21:37 ]

 ロッテのドラフト2位捕手、吉田(立正大)に、元名捕手の伊東監督が連日付きっきりの指導を行っている。

 18日は打撃でアドバイス。「肩に力が入っている。タイミングの取り方がヘタ」と厳しい言葉が飛び出したが、これも期待の表れ。リード面では即戦力との評価で、将来の正捕手候補という逸材ゆえの熱血指導だ。

 20日の日本ハムとの練習試合から本格的な実戦が続くが、指揮官は吉田について「できるだけ頭から出してあげたい。ある程度経験を積んで、いろいろな投手を受けさせたい」と起用プランを口にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年2月18日のニュース