20%増のつば九郎 CMおねだり「ごうりきちゃんときょうえんです」

[ 2014年2月18日 07:16 ]

契約更改が遅れ、自腹キャンプになった原因がバレンティンにあると言及するつば九郎

 ヤクルトのつば九郎がついに契約を更改した。17日、春季キャンプが行われている浦添で、衣笠剛球団社長兼オーナー代行と交渉して合意。「けいやくこうしんしました」と大喜びの内容は、20周年のメモリアルイヤーにちなんで20%増の年俸1万2000円。

 さらにこれまでのヤクルト400とタフマンに加えて、飲み過ぎ食べ過ぎの体調を考慮し、蕃爽麗茶(ばんそうれいちゃ)飲み放題もゲットした。また、4月4~6日の阪神戦(神宮)で20周年イベントを開催することも決定した。

 本来は1月中に交渉を行う予定だったが、バレンティンの逮捕騒動で持ち越しとなっていた。そのため神宮での「一人自費キャンプ」を実施。しかしその費用については「げんいんをつくったばれんてぃんにほてんしてもらった」と、つば九郎の懐は痛まなかったようだ。衣笠社長に「ことしできればやくるとのCMにでたいです」とおねだりもすると「本社に言っておきましょう」と前向きな返答も。これには剛力彩芽ばりのプロペラダンスも披露し「ごうりきちゃんときょうえんです」と浮かれていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年2月18日のニュース