17歳体操金メダリストが始球式 巨人、白井の第3戦“登板”を発表

[ 2013年10月23日 15:31 ]

日本シリーズで始球式を行うことが決まった白井健三

 巨人は23日、楽天と対戦する日本シリーズの東京ドーム初戦となる第3戦で、体操の世界選手権金メダリスト・白井健三(鶴見ジュニア体操クラブ、神奈川・岸根高)が始球式を行うと発表した。白井は世界体操の男子ゆか決勝で「シライ」を決め、日本体操史上最年少の17歳で金メダルを獲得した。国歌独唱はソプラノ歌手の小林沙羅が務める。

 日本シリーズ第3戦は29日午後6時15分試合開始だが、雨天順延などで予定が変更となる可能性もある。

 白井は巨人を通じて「日本シリーズという素晴らしい舞台で始球式の投球が出来るということに感謝して、良いパフォーマンスが出来るように精一杯頑張ります」とコメントした。スポニチ本紙命名「ひねり王子」のパワーも得て、巨人が楽天をホームで“ひとひねり”できるか注目だ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年10月23日のニュース