藤浪 来季球数制限なし ローテ任せた中西コーチ「開幕や!」

[ 2013年10月23日 06:00 ]

11月から秋季キャンプに参加する藤浪

 阪神の中西投手コーチが、来季2年目を迎える藤浪の起用法に言及。球数や登板間隔などの制限を設けずに、ローテーション投手としてフル回転させる方針を示した。

 「今年のようなこと(球数制限など)はないと思うよ」。今季は高卒新人であることを考慮。先発ローテーション入りした開幕からほぼ中6日での登板間隔を維持し、中5日での起用は1度だけ。シーズン序盤は球数制限も設け、4、5月は100球を超えることはなかった。そして、1年目で10勝6敗、防御率2・75の堂々たる成績をマーク。1年間ローテーションを守ったことで、中西コーチは「(登板間隔も)変わってくるだろう。中5日もある。体調、状態を見ながらだけど、カードの頭も当然ある。180イニングは投げさせる」とし「開幕(投手)や!」と冗談交じりに話した。

 藤浪は11月から高知・安芸で始まる秋季キャンプに参加。投球練習を封印し、下半身強化やインステップする投球フォームの修正などに努める。今季の成績を上回り、エース級の活躍をするための準備を進める。
 

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年10月23日のニュース