楽天 聖光・園部を上位指名も 右打ち高校生野手トップ評価

[ 2013年10月23日 06:00 ]

楽天が上位指名候補にリストアップする聖光学院・園部

 楽天が24日のドラフト会議で、福島・聖光学院のスラッガーで高校通算59本塁打の園部聡内野手(17)を上位指名する可能性のあることが22日、分かった。23日に星野監督を含め都内でスカウト会議を行う。

 園部は身長1メートル83、体重84キロの強打者。甲子園には4度出場し、2年夏、3年春にはバックスクリーンに本塁打を放つなど高校通算59本塁打を記録した。本職は一塁だが三塁守備も練習中。東海大甲府の渡辺諒(18)と並び、右打ちの高校生野手では最上位の評価を与えている。

 今季はジョーンズとマギーの右の両大砲が4、5番に定着して球団創設9年目で初優勝を達成。だが、日本人のレギュラーは岡島、銀次ら左打者ばかりで、星野監督も「うちは左が多すぎ」と語る。現時点の1位候補はJR東日本の吉田ら即戦力投手も、2巡目以降に園部ら右打ちの野手を指名する可能性は十分ある。

 この日、仙台市内の榴岡天満宮でドラフト会議の必勝祈願を行った立花陽三球団社長は「当然(右打者は)補強ポイント」と語った。さらに園部について「いい選手。私は地元愛が強い」と指名の可能性を示唆した。

 ◆園部 聡(そのべ・さとし)1995年(平7)11月10日、いわき市生まれの17歳。勿来一小5年時に勿来一スポ少でソフトボールを始め、勿来一中で軟式野球に転向。聖光では1年秋から4番打者。昨夏の甲子園、今春のセンバツで2季連続バックスクリーン弾を放った。遠投110メートル。1メートル84、94キロ。右投げ右打ち

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年10月23日のニュース