Wシリーズ24日開幕…決戦前に上原、田沢が練習

[ 2013年10月23日 08:51 ]

ワールドシリーズ開幕を控え、練習するレッドソックス・上原(左)と田沢

 23日(日本時間24日)に開幕する米大リーグのワールドシリーズ(7回戦制)に備え、上原、田沢のレッドソックス(ア・リーグ)とカージナルス(ナ・リーグ)が22日、ボストンのフェンウェイ・パークで練習した。

 6年ぶり8度目の頂点を狙うレッドソックスは守備練習などに取り組み、上原、田沢はキャッチボール、遠投もこなした。2年ぶり12度目の優勝を目指すカージナルスも敵地で動いた。

 第1戦の先発投手はレッドソックスが今季15勝の左腕レスター、カージナルスがリーグ最多タイの19勝を挙げた右腕のウェインライト。

 ▼レッドソックス・ファレル監督の話 オールスター級の選手がそろっているチームで、結束は固い。われわれはさまざまな挑戦を乗り越えてきたチーム。完璧な試合をするために、厳格な姿勢でプレーする。

 ▼上原の話(ワールドシリーズ出場は)これだけ(野球が)できるのは幸せなこと。泣いても笑っても4試合から7試合なので、頑張るだけです。

 ▼田沢の話 社会人(野球)からここ(大リーグ)に来て、この舞台に立てるとは夢にも思わなかった。正直、うれしい。考え過ぎず、シーズンと同じ感じで臨めたらいい。)

 ▼カージナルス・マシーニー監督の話 チームはこの1年で本当に成長した。両チームは似ている点があると思う。勝つために必要なものを備えている。シーズンを通し、それを証明してきた。(共同)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年10月23日のニュース