24連勝のマー君、満場一致で決定!嶋と最優秀バッテリー賞

[ 2013年10月23日 15:33 ]

パ・リーグの最優秀バッテリー賞に決まった田中―嶋の楽天バッテリー

 2013年度プロ野球最優秀バッテリー賞(スポーツニッポン新聞社制定)の選考委員会が23日、都内で開かれ、セ・リーグは広島の前田健太投手(25)―石原慶幸捕手(34)、パ・リーグは楽天の田中将大投手(24)―嶋基宏捕手(28)の受賞が決まった。

 選考委員会には評論家の有藤通世、大野豊、張本勲、槙原寛巳、吉村禎章の各氏が出席。開幕24連勝を飾り、球団創設9年目で初のリーグ優勝、初の日本シリーズ進出に大きく貢献した田中―嶋のバッテリーは満場一致で決定。セは2年連続日本一を狙う巨人の西村健太朗投手(28)―阿部慎之助捕手(34)との争いとなったが、最終的に前田健―石原に決まった。

 表彰式は12月6日に行われる。

 ▼張本勲氏の話 文句なし。素晴らしいとしか言いようがない。私は川上さんの記録を抜いたが、打者として川上さんを上回ったとは思っていない。田中も慢心することなく、さらに高みを目指してほしい。パの5球団は大喝だ。

 ▼大野豊氏の話 広島をCSに導いたのはマエケン―石原のバッテリーによるところが非常に大きい。CSで阪神を破ったことも大きなポイントだと思う。巨人の西村―阿部も高く評価しているが、総合的にマエケン―石原がふさわしいと思う。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年10月23日のニュース