巨人1位は東京ガス・石川有力 松井より即戦力150キロ腕

[ 2013年10月23日 08:00 ]

ドラフト会議で巨人が1位指名することが有力になった東京ガス・石川

 巨人が、24日に行われるドラフト会議で、東京ガスの150キロ右腕・石川歩投手(25)を1位指名することが22日、有力となった。この日、東京・大手町の球団事務所でスカウト会議を行い、先発陣の補強を最優先することを確認。他球団の動向を見ながら当日に最終決定するが、社会人3年目で急成長を遂げた即戦力右腕獲りに動く。

 午前中から始まった巨人のスカウト会議が終了したのは、午後5時すぎだった。注目の1位指名に関して、山下哲治スカウト部長は「1位候補は4人。他球団の動向を見ながら、最後(当日)に決めることになる」と説明した。

 絞り込まれた4人の1位候補。その最上位には、石川の名前が挙がっているとみられる。1メートル86の長身から繰り出される150キロを超える直球が最大の武器で、縦に鋭い落差を見せるカーブも操る。滑川(富山)では甲子園出場は果たせなかったが、中部大進学後に球速がアップ。東京ガス入社後はドラフト候補に名前が挙がるなど、飛躍をみせた。2年目の昨年は都市対抗出場を逃し、ドラフトでは指名漏れ。悔しさをバネにトレーニングに励み、今季はチームのエースに成長した。

 石川の評価を高めたのが、今月上旬から中国で行われた東アジア大会だった。自身初の国際大会となったが、4試合に登板。全試合でストッパーを務め、日本の優勝に大きく貢献した。スカウト陣も「昨年よりも格段に良くなった。1年目に2桁勝てる可能性を秘めている」と話すなど、成長に目を細める素材だ。

 巨人の今季の先発陣は内海、菅野の13勝を筆頭に杉内が11勝をマーク。リーグ連覇を果たしたものの、若手の先発陣が精彩を欠いたシーズンでもあった。開幕投手を務めた3年目右腕・宮国は不振でローテーションを外れるなど6勝7敗と期待外れ。5勝10敗の沢村はシーズン途中からは中継ぎへ配置転換となった。先発陣の整備は最重要課題。即戦力投手獲得の必要性が高まり、石川に白羽の矢が立った。

 その他の1位候補にはJR東日本・吉田、九州共立大・大瀬良の大型右腕コンビ。一度は回避が濃厚だったが、将来性を買って桐光学園・松井もリストに残した。一本釣りを狙っているものの石川を高評価している球団も複数あるだけに、競合となる可能性もある。山下部長は「抽選を楽にして獲るとか、シミュレーションもしていくけど、最終的に決めるのは当日になると思う」と説明した。原監督が「スカウトの腕の見せどころ」と話す今ドラフト。巨人が石川獲得で、来季のローテーションを盤石にする。

 ◆石川 歩(いしかわ・あゆむ)1988年(昭63)4月11日、富山県生まれの25歳。小3から野球を始め、滑川(富山)では甲子園出場なし。中部大2年時には全日本大学野球選手権出場。東京ガスでは都市対抗に2度出場。今年10月には日本代表入りし東アジア大会優勝に貢献した。1メートル86、75キロ。右投げ右打ち。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年10月23日のニュース