マー君どうなる? 新入札制度成立は11月ずれ込み濃厚

[ 2013年10月23日 06:00 ]

キャッチボールで捕手を務める田中
Photo By スポニチ

 入札制度は現在、失効しており、日米間で改定作業中である。

 大リーグ側からは「入札額の上位3球団から選手が希望する1球団と交渉できる」などの改革案が出され、日本野球機構(NPB)からは公開入札によるオークション方式が提案されている。双方から複数の修正案を出し合っている状況だが、当初のメドとしていた今月中の合意は困難。新制度の成立は11月にずれ込むとみられている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年10月23日のニュース