コミッショナー不在の影響…日本シリーズ使用球は署名なし

[ 2013年10月23日 06:00 ]

 日本野球機構(NPB)は、今年の日本シリーズで「コミッショナー」の署名を入れない統一球を使用する方針を固めた。

 加藤良三コミッショナーが25日で退任。21日の臨時オーナー会議でも後任が決まらず、オーナー会議議長であるオリックスの宮内義彦オーナーがコミッショナー代行を暫定的に務めることが決まった。NPB関係者は代行の署名を使用球に刻印すべきか議論されていない上に「入れることになっても時間的に難しい」ことを理由に挙げた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年10月23日のニュース