田沢 わずか10球でマウンドへ 緊急登板も3戦連続無失点

[ 2013年10月9日 06:00 ]

<レイズ・レッドソックス>7回途中から登板し、2/3回を無失点のレッドソックス・田沢

ア・リーグ地区シリーズ第3戦 レッドソックス4―5レイズ

(10月7日 セントピーターズバーグ)
 レッドソックス・田沢は厳しい場面をしのいだ。

 同点の7回1死一塁から3番手で登板。初球のカーブが暴投となり二進を許したが、ロンゴリアをスプリットで三飛、続くマイヤーズもスプリットで空振り三振に斬り2/3回を無安打無失点だった。肩をつくるのに10球しか投げる時間がないほど突然の起用だったが、球には切れがあり3試合連続で無失点。上原が打たれてのサヨナラ負けにも「あの人が打たれたら仕方がないとみんな思っている」と切り替えていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年10月9日のニュース