まい夫人 マー君を支えた内助の功 専門家も感心の献立

[ 2013年10月9日 07:26 ]

<楽・オ>声援を送るまい夫人

パ・リーグ 楽天7-3オリックス

(10月8日 Kスタ宮城)
 開幕24連勝をKスタ宮城で見届けたまい夫人(29)。楽天・田中にとって愛妻の手料理も大きなサポートの一つとなった。

 まい夫人は結婚後、「ジュニア・アスリートフードマイスター」の資格を取得した。「日本野菜ソムリエ協会」(本部・東京都渋谷区)関係者によると「講義は4科目。里田さんは一番前の席で一生懸命メモを取っていました。講義後も講師に質問したり…。純粋に(田中を)サポートしたい、との思いが伝わってきました」。講義は「アスリートフード学」「チョイス」「レシピ」など。最後に修了試験を受け合格した。

 2日に更新したまい夫人のブログでは、8種類のメニューを紹介。「豚とニンニクの芽の生姜(しょうが)焼き」「蒸し野菜のマリネ」「イカと大根の煮物」…。「豚…」には「野菜もあとからたっぷり乗せた。ドレッシングの塩分もはぶける」と細かな配慮も見せる。同協会関係者は「エネルギーを補給した上で、疲労回復も促進。なかなかここまでできないと思います」と驚く。マー君の胃袋を支えた内助の功だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年10月9日のニュース