アスレチックスが王手 守護神“雄叫び”に乱闘寸前も

[ 2013年10月9日 06:00 ]

<タイガース・アスレチックス>9回、バルフォア(背番50)に詰め寄るマルティネス

ア・リーグ地区シリーズ第3戦 アスレチックス6―3タイガース

(10月7日 デトロイト)
 アスレチックスの4番モスが5回に決勝ソロを放つなど、打線がア・リーグ1位の防御率2・57を誇ったサンチェスに3本塁打を浴びせてリーグ優勝決定シリーズ進出に王手をかけた。

 ボブ・メルビン監督は「同点に追いつかれたが、モスの一発で弾みがついた」。3点リードの9回、守護神バルフォアが気合の入った様子で声を上げたのに相手が反応し、乱闘寸前のもみ合いに。不穏なムードが漂ったが、バルフォアが動じずに締めた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年10月9日のニュース