キヨシコールが怒号上回った シーズン終了セレモニー

[ 2013年10月9日 06:00 ]

<D・神>あいさつするDeNA・中畑監督

セ・リーグ DeNA7-5阪神

(10月8日 横浜)
 シーズン終了のセレモニーであいさつに立ったDeNA・中畑監督は「雨の日も10―1で負けている試合も最後の最後まで応援してくれたファンの皆さん、最高の力を与えてくれてありがとうございました」と感謝した。

 5位で6年ぶりに最下位脱出。ただ1年前「CSに出なければ私はクビ」と宣言しただけに「辞めろ!」という怒号も飛んだが、それを上回るキヨシコールに最後は「来年はクライマックス以上の最高のてっぺんを取りにいきましょう」と声を張り上げて締めくくった。

 ▼DeNA・ブランコ(首位打者と打点の2冠。中日時代の09年=本塁打、打点=以来自身2度目)2冠を獲れたのは中畑監督のおかげ。首位打者になれたのが一番うれしい。来年は3冠王を狙います。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年10月9日のニュース