今年は村田が決めた!巨人 3年連続最終戦サヨナラ勝ち

[ 2013年10月9日 06:00 ]

<巨・ヤ>9回無死満塁、逆転サヨナラ打を放った村田(右)はチームメートから手荒い祝福を受ける

セ・リーグ 巨人4-3ヤクルト

(10月8日 東京D)
 またもサヨナラだ。今年は巨人・村田が決めた。1点を追う9回無死満塁、石山の低めへの139キロ直球をしばき上げた。打球は中堅フェンスを直撃。一昨年の長野、昨年の矢野に続き、レギュラーシーズン最終戦を3年連続サヨナラ勝利で締めた。

 「3年連続なのは知っていた。3試合とも僕、立ち会っているので。ほぼ入ったと思ったけど、最後にちゃんと仕事ができて良かった」。一昨年には敵軍の横浜で、自らは2本塁打しながらサヨナラ負けを喫した村田はおどけて切り出した。7回まで長野のソロ本塁打1安打のみと打線が封じられていた。9月22日の優勝決定後は前日まで4勝6敗で、打線は平均2・7得点止まり。「みんな何とかしたいと思っていた。CSへ調整も最終段階だし、大きな勝ちだと思う」。敗色濃厚から逆転をつかんだ全員の粘りに収穫を強調した。

 東京ドームには4万5816人が詰め掛け、05年の実数発表以降初めて主催総入場者数が300万人(300万8197人)を突破した。「見事だった。3人で、矢野、阿部、村田というところで何とかしてくれ、と。全員がいい仕事をした」と原監督。「あすから2つの山へ向かい戦う。新たな目標へスタートします」と、16日からのCSファイナルSに向けて襟を正した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年10月9日のニュース