千葉明徳 打撃戦制した 2年生エース・畠山滉踏ん張った

[ 2013年7月19日 06:00 ]

<千葉明徳・柏南>千葉明徳・畠山滉(右)は捕手とタッチ

千葉3回戦 千葉明徳9―7柏南

(7月18日 千葉県営)
 <千葉明徳>柏南との打撃戦を9―7で制した。

 7回から登板した2年生エース・畠山滉が3回3失点と苦しんだが、逃げ切った。宮内一成監督は「精神的な戦いだった。9回は危なかったが、よく耐えてくれた」と安どの表情。指揮官からの「スタンドを見ろ」という言葉に、左腕は「感謝の気持ちを忘れないで投げました」と応援を力に変えて勝利をつかんだ。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年7月19日のニュース