選手会総会 加藤コミッショナーとNPBの統一球問題対応報告へ

[ 2013年7月19日 06:00 ]

 労組・日本プロ野球選手会(嶋基宏会長=楽天)が19日、球宴第1戦が行われる札幌市内で総会を行う。

 日本野球機構(NPB)による統一球の無断変更の問題が大きな議題の一つ。松原徹選手会事務局長は「一度総括したい」と話しており、問題発覚後の加藤良三コミッショナーとNPBの対応などが報告される。選手会はNPBと統一球問題を調査する第三者委員会に対し、コミッショナー選任方法の明確化などを求める要望書を提出している。また、海外FA権利を持たない選手が大リーグ移籍の際に利用してきたポスティング・システム(入札制度)の抜本的な見直しも議論される予定。

 NPBからは選手会に対し、侍ジャパン事業計画の説明が行われる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年7月19日のニュース