原監督 来季続投へ 渡辺会長高評価「Bクラスにならん限り」

[ 2013年7月19日 06:00 ]

球宴第1戦のため新千歳空港に到着した原監督

 巨人の渡辺恒雄球団会長(87)は18日、今季で2年契約を終える原辰徳監督(54)の事実上の来季続投を明言した。都内のホテルで会食後、報道陣に対応。Aクラス入りを条件としながらも、主力選手も優遇しない非情采配と2位・阪神に2・5ゲーム差の首位で折り返したことを高く評価した。原監督は来季も指揮を執れば通算11年目となり、巨人では水原茂に並ぶ歴代3位タイの長期政権となる。

 帰りの車に歩を進めていた渡辺会長が足を止めた。報道陣から原監督の来季続投の可能性を問われると「日本一になりゃ、もちろんだよ。セ・リーグ優勝でもそうだろう。Bクラスにならん限り続投だろう。Bクラスになる可能性はまずないよ」と言い放った。

 2年連続の日本一を目指す巨人は前半戦を49勝31敗3分けで終え、2位・阪神に2・5ゲーム差の首位に立っている。今季のセ・リーグは2強状態で、3位・中日は借金9。「Aクラス」の条件付きとはいえ、事実上の続投内定と言っていい。

 数字だけではない。同会長が絶賛したのは、原監督の采配。「今までと違って非常に厳しくやったろう。村田を2回で代えたり」と、交流戦の5月26日のオリックス戦(東京ドーム)で覇気のないプレーをした村田を2回表の守備から代えた試合を具体的に挙げた。

 首位での折り返しに、同会長は上機嫌。「(12日からの)中日3連敗なんていうのはさ、マンションの窓から飛び降りようかと思ったよ。(15日からの)阪神2連勝か。あれで飛び降りるのを思いとどまったよ。こんなね、ハラハラ、ドキドキが続くと、心筋梗塞を起こすよ。皆さんも気をつけて」と冗談めかした。

 来季も指揮を執れば通算11年目。巨人では歴代3位タイの長期政権となる。原監督の後継者としては、渡辺会長は昨年12月に現役を引退した巨人OBの松井秀喜氏を候補に挙げている。既に将来的な入閣要請を済ませており、まずはコーチとして修業させたい考えだ。仮に来季ユニホームを着ることになれば、原監督は常勝軍団の構築とともに、松井氏の指導者育成という大きな仕事も託されることになる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年7月19日のニュース