ライアン小川 ヘビ柄グラブ「今風な感じにしてもらいました」

[ 2013年7月19日 06:00 ]

ヤクルト・小川が球宴で使用するウィルソン社製のヘビ柄型押しグラブ

マツダオールスターゲーム2013第1戦 全パ―全セ

(7月19日 札幌D)
 <全セ>新人ながらハーラートップの10勝を挙げたヤクルト・小川が、特注グラブで臨む。

 公式戦で使用するウィルソン社製のグラブのネット部分と手の甲の革の部分にヘビ柄の型押しをしたもので「球界でも珍しい」(用具担当者)という。17日に小川のもとに新作が届き「今風な感じにしてもらいました。個性的なグラブにしたかった」と満足げ。初の球宴に向けて「新人なので居場所がなさそう」と苦笑いするが、広島・前田健ら球界を代表する投手から投球術を吸収する絶好の機会だけに「どんどん聞きに行きたい」と密着マークし、ヘビのごとく一皮むけた姿を見せる。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年7月19日のニュース