JR北海道 戸田 1球に泣く 初走者に被弾「浮いてしまった」

[ 2013年7月19日 06:00 ]

<JX-ENEOS・JR北海道>4回途中から登板したJR北海道・戸田

第84回都市対抗野球2回戦 JR北海道5―8JX―ENEOS

(7月18日 東京ドーム)
 JR北海道エースの戸田が1球に泣いた。

 2点差に迫った8回無死、石川に左翼席へ放り込まれた。「振ってくると分かっていた。ボールにすべきフォーク。浮いてしまった」。それでも初戦となった16日の沖縄電力(浦添市)戦は3安打完封。中1日となったこの日も好投し、4回2死の登板から8回に一発を食らうまで、走者を一人も出さなかった。「プラスになることが多かった大会。エネオスにリベンジしたい」と誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年7月19日のニュース