最北端からの歓喜!遠軽 21世紀枠で甲子園初出場

[ 2013年1月26日 06:00 ]

21世紀枠で甲子園初出場が決まり歓喜の遠軽ナイン

センバツ36校決定

 遠軽(北海道)は21世紀枠で春夏通じて初出場。後藤哲校長から報告を受けたナインは歓喜の雄叫びを上げた。

 「甲子園では全力で最高のプレーを見せたい」と柳橋主将。昨年、一昨年と夏の北北海道大会では2年連続準優勝とあと一歩で甲子園を逃してきただけに、人口約2万2000人の町民も大喜びで花火を上げてお祝いした。過去の甲子園出場校としては最北端(北緯44度3分)からの出場となるが、佐藤貴之監督は「出場校中で一番弱いと思うが恥ずかしくないプレーをしたい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年1月26日のニュース