山形中央 今大会限定の東北絆枠でセンバツ出場

[ 2013年1月26日 06:00 ]

センバツ出場を決め喜ぶ山形中央ナイン

センバツ36校決定

 山形中央は昨秋の東北大会では8強止まりも、今大会限定で新設された「東北絆枠」で選出された。

 庄司秀幸監督は「この枠がなければ本来は出場は考えられないこと。大義は何かを考えないといけない」と、言葉を選びながら出場への思いを口にした。3年前は21世紀枠で出場し初戦で日大三(東京)に4―14で敗退。ナインは早朝から学校周辺の民家の前で雪かきやゴミ拾いをこなすなど、地域に愛されるチームを目指してきた。松沢主将は「自分たちは未熟ですけど、選んでいただいたのは地域の方々のおかげ。絆枠の意味を考えて、少しでも感動を与えられるようにプレーしたい」と意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年1月26日のニュース