福留 推定130メートル弾!順調仕上がりに余裕

[ 2013年1月26日 06:00 ]

フリー打撃で快音を連発する阪神・福留

 阪神・福留が、大阪府吹田市内の日本生命総合グラウンドで今年初めて屋外フリー打撃を行い、右翼ポール際へ推定130メートル弾を放った。

 計99スイングで4本の柵越え。広角に安打性の打球38本を打ち分けるなど、社会人時代に汗を流したグラウンドで順調な仕上がりを披露した。「バットに当たったからいいんじゃないかな。今はしっかりと下半身が動いてくれるか、という確認。スイングの軌道、打ち方を確認するのは数を打っていってからだから」との口調も落ち着いていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年1月26日のニュース