ブランコ 死球骨折の“因縁”山口と和解「謝ってくれてうれしい」

[ 2013年1月26日 06:00 ]

志願の打撃練習を行うDeNA・ブランコ

 DeNAの主砲と守護神が「電撃和解」した。中日から移籍した新助っ人のブランコが、来日4日目にして志願の特打。横須賀市のベイスターズ球場で、マシン打撃など50分近く打ち込んだ。

 「キャンプ前に仕上げたい。途中からいいリズムで打てた」。グラウンドでは、昨年7月8日のDeNA戦(ナゴヤドーム)で死球を当てられた山口とも対面。その際は左第2中手骨を骨折したが、直接謝罪されたブランコは「謝ってくれてうれしい。僕も(山口と)一緒にプレーできることを喜んでいるよ」と笑顔で話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年1月26日のニュース