広島オーナー 21歳・今村の最年少代表後押し

[ 2013年1月26日 06:00 ]

 広島・松田オーナーが25日、侍ジャパン候補の今村にゲキを飛ばした。チームからは前田健も選ばれているが、エースの代表入りは確定的。最年少となる21歳にも「ぜひ入ってほしい。大きな経験になる」とし、28人の最終メンバー入りを求めた。

 球団トップが推すのはその地力、柔軟性、若さだ。「あれだけ投げられる子はそんなにいない。(国際大会で)発揮できる力を持っとる」。昨秋11月の対キューバ親善試合では、ピンチで救援しながら2回零封。イニングまたぎの難しい登板で結果を出し、使い勝手のよさをアピールした。

 チームでは今春、今村のストッパー転向が検討されるが、松田オーナーは「力があるし、安定感もあるからな」と、野村監督のプランに理解を示す。日の丸を背負えば当然、今季以降へのプラス効果も見込める。直々のトップ指令に応えられるか、その奮投に注目だ。 

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年1月26日のニュース