日本ハム今季スローガンは「純」 題字は北海道ゆかりのあの人

[ 2013年1月26日 06:00 ]

日本ハム・栗山監督は今季のチームスローガン「純」が脚本家の倉本聰の揮毫(きごう)であることを紹介し、「北の国から」主演の田中邦衛のモノマネで「ジュ~ン」とつぶやく

 日本ハムは25日、今季のチームスローガンが「純―ひたむきに―」に決まったと発表した。題字は北海道富良野市在住の名脚本家、倉本聰氏が揮毫(きごう)。球団の北海道移転10年目を迎え、まじりけのない澄んだ心で野球と向き合い、ファンとの絆を深めて新たな道を切り開く、との思いが込められている。

 栗山監督は「北海道の原点に立ち返る意味も込め、ひたむきに一つ一つの瞬間を戦い、純粋な人間になっていくという思いで決めた」と説明。倉本氏とは親交があり、代表作の一つで富良野を舞台にした家族ドラマ「北の国から」にも影響を受けたそうで「あのドラマには人としての原点があるし、イメージが通じる」と話した。

 ▼倉本聰氏 富良野でもファイターズは生活に根付いてます。ファンが見たいのは勝敗を超越した選手たちのすがすがしさ。栗山監督のもとで純粋に、ひたむきにプレーする姿を期待してます。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年1月26日のニュース