九州のNo・1左腕、済々黌・大竹 打倒・大阪桐蔭

[ 2013年1月26日 06:00 ]

ナインに胴上げされる済々黌エース・大竹

センバツ36校決定

 済々黌(熊本)は1958年に全国制覇を果たして以来55年ぶりの出場に左腕エース・大竹は「純粋にうれしい。これからセンバツまで高いモチベーションをもってやりたい」と意気込んだ。

 昨夏は初戦の鳴門戦に完投勝ちも3回戦の大阪桐蔭戦で3本塁打されて敗れた。それからは走り込みと週2回のジム通いで体幹を強化。体重は3キロ増の72キロになった。「走者を出しても点をやらない投球をして、今度は大阪桐蔭に投げ勝ちたい」。九州のNo・1左腕が2度目の甲子園に挑む。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年1月26日のニュース