1球でやられた…青木、高橋にリベンジ「次は打ちたい」

[ 2012年8月28日 06:00 ]

<パイレーツ・ブルワーズ>6回、左犠飛を放つブルワーズ・青木

ナ・リーグ ブルワーズ7―0パイレーツ

(8月26日 ピッツバーグ)
 ブルワーズ・青木は4打数無安打に終わったが、6回に左犠飛でダメ押しの打点を挙げた。

 5回の打席でも無死二塁から二ゴロで走者を進め、得点につなげるなど勝利に貢献した。高橋との対戦は、青木にとってレギュラーシーズンで日本人投手との初対戦。「懐かしい感じがした」と振り返ったが、日本時代は打率・293と苦にしなかった相手に打ち取られ「これから対戦が増えると思うし、次は絶対に打ちたい」とリベンジを誓った。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年8月28日のニュース