内川 骨折でも好守で貢献「何とかチームの力になりたい」

[ 2012年8月28日 22:36 ]

パ・リーグ ソフトバンク1―0オリックス

(8月28日 ヤフーD)
 内川が守備でソフトバンクを救った。7回無死一塁で、後藤の左前に落ちそうなライナーをスライディングしながら好捕。すぐさま一塁に送球し、走者も刺した。

 19日の試合で右手薬指を痛めてから、初の先発出場。突き指とされていたが「(実際は)剥離骨折」と試合後に明かした。一般的には全治3週間から1カ月だそうだが「折れているか折れていないかというより、やれるかやれないか。残り31試合、何とかチームの力になりたい」と言い切った。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年8月28日のニュース