「ガツガツ」の横浜時代から…石井「4年間でカドがなくなった」

[ 2012年8月28日 06:00 ]

引退会見中、笑顔を見せる広島・石井

広島・石井 引退会見

 【石井と一問一答】

 ――家族に伝えた時は。

 「(涙をこぼし)家族に伝えるのが一番つらかった。特に娘たち。きのう(26日)の試合終了後に伝えた。“パパが(選手を)やめてもカープを応援する”と言われました」

 ――24年間の現役生活を振り返って。

 「横浜時代の20年間は選手として育ててもらった。広島では4年間だけど、横浜の20年間をりょうがするぐらい内容が濃かった。横浜時代はガツガツし、出た時は意地もあったが、広島に来て視野が広がり、4年間でカドがなくなったと思う」

 ――今後については。

 「具体的にこれというものは決まっていない。一度リセットし、自分が何をやりたいか、視野を広げて考えたい」

 ――最後にファンへ。

 「本当に感謝の気持ちでいっぱい。何らかの形で恩返しができればと思っている」

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年8月28日のニュース