新天地デビュー!高橋、1回6球で料理「してやったり」

[ 2012年8月28日 06:00 ]

<パイレーツ・ブルワーズ>8回に移籍後初登板し、3者凡退に抑えたパイレーツ・高橋

ナ・リーグ パイレーツ0―7ブルワーズ

(8月26日 ピッツバーグ)
 パイレーツにトレード移籍した高橋が新天地デビュー。0―7の8回に登板し、1回をわずか6球で3者凡退に仕留めた。2死からは日本時代以来3年ぶりの対戦となった青木を初球、外角低めの87マイル(約140キロ)速球で遊ゴロに仕留めた。

 「凄くワクワクしながら投げられた。(青木への)あの球が一番良かった。思い通りのゴロでしてやったりという感じ」。ニール・ハンティントンGMは高橋獲得をプレーオフ進出に向けた補強と言い「試合の中盤も終盤も任せられる」と期待を寄せた。試合前には番組収録で訪れた巨人時代の先輩である元木大介氏、お笑いタレントのアンタッチャブル山崎、おぎやはぎ矢作と談笑。「これでチームの一員になれた感じがする。41番の背番号を自分の色にしていきたい」と力強く話した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年8月28日のニュース