松坂148キロ出た!右肘手術後初のシート打撃登板

[ 2012年3月30日 06:00 ]

 レッドソックスの松坂が昨年6月の右肘手術以来初めてとなるシート打撃に登板した。傘下のマイナー選手を守備に就け、打者8人に投げ、3安打1三振。先頭打者に死球を与えた後、連続二塁打で2失点したが「課題がはっきり見えたのは収穫」と語った。

 最速は92マイル(約148キロ)を記録した。今後はシート打撃登板などを数度こなし、4月上旬にルーキーリーグのオープン戦に投げる予定で「実戦の回数をこなしていく中で少しずつ状態を上げていきたい」と話した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2012年3月30日のニュース