阪神の新人・伊藤隼は2打席連続空振り三振も前向き

[ 2012年3月30日 23:36 ]

セ・リーグ DeNA5-5阪神

(3月30日 京セラD)
 伊藤隼が7番・右翼手で阪神の新人野手では2004年の鳥谷以来、8年ぶりに開幕戦の先発オーダーに名を連ねた。ただ結果が伴わず、2打席連続で空振り三振。七回に代打を送られ「相手の方が力が上だったので仕方がない」とさばさばしていた。

 外野陣の競争は激しく、一日一日に生き残りが懸かるルーキーは「明日もあさっても試合がある。次のチャンスで打てるようにしっかり準備したい」と前向きだった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2012年3月30日のニュース