糸井が先制打 いきなりの好機に「血管が開きました」

[ 2012年3月30日 19:58 ]

パ・リーグ 日本ハム―西武

(3月30日 札幌D)
 日本ハムは糸井が今季の火ぶたを切った。1回無死二、三塁。フルカウントから内角低めのスライダーをはじき返し、右前へ先制打。「早めに何とかしたい気持ちがあった」。三塁まで進んだ後は、小谷野の遊ゴロで抜群のスタートからホームに滑り込んだ。

 開幕戦前夜は大好きな焼き肉で英気を養った。「いきなりビッグチャンスが回ってきて血管が開きました」。どんな状況下でも「緊張しない」という精神力を見せた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年3月30日のニュース