五十嵐メジャー契約ならず 阪神獲得乗り出す可能性も

[ 2012年3月30日 06:00 ]

 パイレーツは招待選手としてメジャーキャンプに参加していた五十嵐亮太投手(32)と、大リーグ契約を結ばないと通告した。五十嵐は昨年12月にパ軍とマイナー契約。オープン戦序盤は好投も最近2試合は連続失点。オープン戦は9試合9回1/3で防御率8・68だった。

 契約の付帯条項には、開幕メジャー入りを果たせない場合、解雇でFAか、マイナー残留かの選択権が五十嵐にあるとみられる。FAを選んだ場合は3年ぶりの日本球界復帰が濃厚で、昨オフから興味を示していた阪神が獲得に乗り出す可能性がある。五十嵐は「悔しいが、やり残したという感じではない。まだ僕の野球人生は終わりではない」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年3月30日のニュース