加藤 日本ハム2軍投手コーチに ポスト・ダルビッシュ育成期待

[ 2011年12月9日 08:00 ]

 今季限りで日本ハムを自由契約となり、現役引退を決断した加藤武治投手(33)が来季から2軍投手コーチになることが8日、分かった。

 横浜時代の06年に35ホールドポイントをマークし、最優秀中継ぎ投手を受賞。ブルペン陣を担った木塚、川村、クルーンの頭文字から「クアトロK」と呼ばれた。

 日本ハムに移籍した10年からは大半を2軍で過ごしたが、ひたむきな練習態度は若手の見本となった。東京学芸大の先輩・栗山新監督と同様な熱心な指導法で、ポスト・ダルビッシュの育成が期待される。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年12月9日のニュース