清武氏 13日に提訴へ、巨人などに賠償請求

[ 2011年12月9日 20:45 ]

 プロ野球巨人のコーチ人事をめぐって渡辺恒雄球団会長(85)を批判し、球団代表職などを解任された清武英利氏(61)は9日、代理人の弁護士を通じて、巨人などを相手に損害賠償を求める訴えを13日に提起すると発表した。

 読売新聞グループ本社と巨人、渡辺会長を相手取って名誉毀損に基づく損害賠償と謝罪広告を求め、巨人には取締役解任を不当として損害賠償を求めるという。

 読売新聞グループ本社と巨人は既に、清武氏に総額1億円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴している。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年12月9日のニュース