2年契約中の嶋 不本意成績も現状維持

[ 2011年12月9日 06:00 ]

 広島のベテラン・嶋が契約更改に臨み、現状維持の年俸5000万円でサインした。来季は昨オフに結んだ2年契約の2年目。東北高出身の35歳は会見で被災地・宮城を訪問したことを明かし「復興へのお手伝いをしていけたら。野球で元気を与えられるように頑張りたい」と復活を誓った。

 12月3~5日にあった選手会イベント。交流戦期間中、2軍にいた嶋にとっては初の被災地訪問で、ソフトバンク・摂津らと名取市の小学校に足を運んだという。震災から9カ月。予想外の惨状で「もう少し復興できていると思った。ショックだった」と打ち明けた。

 会場では50人とキャッチボールや質疑応答などで交流。「全員が家を流された子どもたち。それでも明るく、逆にエネルギーを感じた」。自身は今季終盤に故障離脱し、54試合で打率・256。「今季は反省ばかり。子どもたちのためにも、いいパフォーマンスを見せたい」と力を込めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年12月9日のニュース