中島 ヤンキースは「すごい球団」も交渉は「何とも言えない」

[ 2011年12月9日 18:08 ]

 ポスティングシステム(入札制度)で米大リーグ入りを目指している西武の中島裕之内野手が9日、埼玉県飯能市で行われた球団納会に出席し、独占交渉権を得たヤンキースについて「すごい球団に入札してもらった」と、伝統球団の印象を口にした。

 ヤンキースは遊撃にジーター、三塁にロドリゲス、二塁にカノと、そうそうたる顔触れがそろう。厳しい競争になるのは必至だが、これから本格的な交渉が始まることもあって「どうなるか分からないので、何とも言えない」と話すにとどめた。

 渡辺監督は「内野のレギュラーもそろっている。そういう逆風をはね返すことに、生きがいを感じるタイプ。頑張ってほしい」とエールを送った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年12月9日のニュース