エンゼルス大型契約 プホルス、ウィルソンと合意

[ 2011年12月9日 09:15 ]

 米大リーグのウインターミーティングは8日、テキサス州ダラスで最終日が行われ、エンゼルスが投打の注目選手、カージナルスからフリーエージェント(FA)となったアルバート・プホルス内野手と、レンジャーズからFAのC・J・ウィルソン投手と大型契約を結ぶことで合意した。

 AP通信によると、31歳でナ・リーグ最優秀選手賞(MVP)3度のプホルスとは10年総額2億5400万ドル(約198億円)で、2007年12月にヤンキースがアレックス・ロドリゲス内野手と結んだ10年総額2億7500万ドルに次ぐ史上2位の高額契約となった。

 2年連続で15勝以上をマークしている31歳の左腕ウィルソンとは5年総額7750万ドル(約60億円)で合意した。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年12月9日のニュース