馬原 暴投で1失点「相当実戦から離れていたという感じ」

[ 2011年3月8日 22:37 ]

オープン ソフトバンク7―3巨人

(3月8日 ヤフードーム)
 オープン戦初登板のソフトバンクの馬原はフォークボールの暴投で1回を1失点。「相当実戦から離れていたという感じ」と話した。

 高めに浮いた球を連打されて得点圏に走者を背負うなど、内容は物足りなかったが「あと2、3回投げれば体に切れも出てくる」と本人に焦りの色は見られない。通算161セーブの右腕は「マウンドの上で調整したい」と次回登板を見据えた。

 ▽細川(五回の馬原の暴投について)「フォークを捕れなかったのは馬原に謝った」

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年3月8日のニュース