ゲスト出演も相手にされず…燕太郎リストラ危機

[ 2011年3月8日 06:00 ]

まさかのリストラ危機に直面した燕太郎(右)。左端がつば九郎で、中央がつばみ

 ヤクルトの球団マスコット「燕(えん)太郎」がリストラの危機に直面した。6日に東京・新宿で「第2回箱根山駅伝大会」にゲスト出演したが、知名度が低く観客に相手にされなかったことを球団側が問題視。球団関係者は「空気のようだった。違うマスコットをつくった方がいいかもしれない」と今季限りの戦力外通告を示唆した。

 燕太郎は第3のマスコットとして05年から登場。チームの勝利時は卓越したダンス技術でバック転を披露するが、人気面では「つば九郎」「つば美」に大きく後れをとっている。球団側は今後、燕太郎にツイッター、FACEBOOKなどを駆使した認知度アップ作戦を促し、その結果次第でリストラを見極める方針。「気持ち悪い」から「キモ可愛い」まで出世した中日の球団マスコット「ドアラ」を手本に、燕太郎が生き残りをかける。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2011年3月8日のニュース