秋山 二塁踏ませず「2年目のジンクスと言われないように」

[ 2011年3月8日 16:05 ]

西武戦に先発し、4回無失点の阪神・秋山

オープン戦 阪神0―1西武

(3月8日 皇子山)
 阪神の先発枠を狙う2年目の秋山が、オープン戦初登板で4回無失点と好投した。勢いのある直球を軸に二塁を踏ませなかった。

 1軍に合流したばかりの右腕は「不安だったが、自分の投球ができた。抑えられたことはホッとしている」安心した様子。それでも「制球はまだまだ。2年目のジンクスと言われないように活躍したい」と次の登板を見すえていた。

 秋山の好投で、開幕ローテーションをめぐる争いはさらに激しさを増す。秋山も候補か、との問い掛けに真弓監督は「そう見ていいんじゃないか。きょうの投球なら」と言った。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年3月8日のニュース