野村監督「一発指令」の栗原にマンツーマン指導

[ 2011年3月8日 06:00 ]

 広島・野村監督が主砲に「一発指令」を出した。指揮官は全体練習終了後、栗原に対して正面からトスを上げてのロングティーをマンツーマン指導。「まだ本来の彼の打球じゃない。ホームランバッターと位置付けてはいないが、1本出れば変わる」と話した。

 オープン戦6試合の出場で打率・267、0本塁打の栗原は「打球に力が伝わっていない」としながらも「あとはきっかけだけ」と表情は明るかった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年3月8日のニュース